毎日が大バトル!姉と弟のお母さん奪い合い

月末に1歳の誕生日を迎えた息子はますます行動範囲を広げながら毎日楽しそうにしています。お姉ちゃんも4歳になり赤ちゃんから子供らしい行動ができるようになった弟をあやしたり一緒に遊んだりするようになって少し私の育児も楽になってきました。しかし、お姉ちゃんもまだまだお母さんが恋しい年頃なのでお昼寝をしたり絵本を読んでほしい時は私にぴったりくっついて添い寝します。それがまだまだ可愛いなと思ってるのも束の間、一緒に寝ているのを見つけた息子はお母さんが取られた!って思うのでしょうかすぐさまハイハイで近づいてきて私と娘の間に無理やり突っ込んできお姉ちゃんを踏んだり蹴ったりして私から引き離すのです。ある程度は仕方ないかとお姉ちゃんも思っているようですがやっぱりそばにいたいみたいでたまに反撃してたりしてるの見るとお母さんが二人いればいいのになぁって思います。育児は大変だけど子供に大好きと思われるお母さんでいつまでもいたいなぁ。アイフル ローン シュミレーション

幼児が大好きな耳よりバスケットボールについて

次女は地域の耳よりバスケットボール仲間に加入してトレーニングを頑張っている風貌を見るとうれしく繋がるものである。私も婦人もバスケ先輩で、婦人とのコンタクトもアダルトバスケだったからかもしれない。仲間のトレーニングが無いお天道様は、ガーデンで自主トレーニングの仲間をしてあげてある。今日は、ボールを2個使って、右ドリブルと左側ドリブルを一気にやらせた。少し前まで、ドリブルが、おぼつかなかったのに、今日は、スムーズにドリブルができてあり、次女のトレーニングに驚いた。申し込みを塗り付けるとしたら、惜しくも強くドリブルをやると思った。まだ次女は小学2階層で、メイン仲間の対戦には出れる状況ではないが、今のうちに出だしを敢然と習得してもらいたものである。翌月には、4年生以下のユニーク仲間のフェスティバルがあり、そのフェスティバルには、出れそうで楽しみである。自体も楽しみにしているようである。ギリギリでは、3年生より短く走れる時もあるようで、コーチにも褒められたようだ。フェスティバルでは対戦に2クオーター限り列席できたらいいなと思っている。主婦 キャッシング 即日